その他

高耐オゾン性ゴム支承

UDRB(Ultra Durability Rubber Bearing)

中日本高速技術マーケティング(株)

特許取得済

クロロプレンゴムをベースに特殊配合された新しいゴム支承

近年、オゾン劣化による積層ゴムの亀裂が報告されています。オゾン劣化とは、オゾンがゴム中の二重結合と反応し、表面のゴム分子鎖を切断する現象です。促進オゾン試験を実施した結果、天然ゴム系被覆ゴムと比べ5,000倍以上の耐オゾン性能を有するゴム材料の開発に成功。このゴムで支承表面を被覆することで、オゾンによる亀裂を長期にわたって抑えることが可能です。

7519.png

オゾン劣化のメカニズム

7520.png

基本コンセプト

高耐オゾン性ゴム支承(UDRB)は、以下のコンセプトのもと開発を行いました。

長期耐久性能の向上

耐オゾン性能の高い被覆ゴムを用いていることから、オゾン劣化への影響が抑えられ、長期間にわたり高い耐久性能が確保されます。

ライフサイクルコスト

の低減

オゾン劣化への影響が抑えられることから、ゴム支承本体の補修及び取替えが大幅に軽減され、供用期間内のライフサイクルコストの低減が期待できます。

優れた変形性能

主成分であるクロロプレンゴムは、特殊配合により天然ゴムと同等以上の変形性能を有し、大地震時の繰返し変形に対して追従可能です。また、各種依存性試験やせん断変形性能試験などにより、安定した品質及び性能が確保されています。

せん断変形性能試験

高耐オゾン性ゴム支承(UDRB)は、せん断ひずみ300%以上のせん断変形性能を備えています。

4464.png