安全を高める

はさまれん棒

中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋(株)

高所作業車による挟まれ事故、接触事故を防止

挟まれ事故の危険を未然に知らせることで安全を確保します。

特 長

高所作業車を使った点検や工事の作業現場では、構造物と作業者が接触したり、挟まれる事故が発生するリスクが高まります。この「はさまれん棒」は、高所作業車に取り付けることで、高所作業車の操作時に構造物と接触すると、大きな音と光で作業者に知らせ、挟まれ事故を防止することができます。

基本動作

  • 検地バーに力が加わると、バーが青色に点滅し、同時にブザー音が鳴ります。
  • 検地する力の方向は、縦(上から)、横(360°)です。

※ブザー面は作業者のいる方向に向けて設置してください。

6682.png

取付方法

のぼり旗ポールへの取付

のぼり旗ポール先端のキャップを外し、パイプホルダに差し込みます。

※のぼり旗ポールは市販のφ22タイプ(先端部φ19)に対応しています。

単管パイプへの取付

パイプホルダを単管に挿しこみます。

※単管パイプはφ48.6市販タイプに対応しています。

7015.png

システム構成

7286.png

機器仕様

外形寸法:370×φ53

重量:約400g

材質:ABS、シリコン

検出範囲:縦方向/上・横方向/360°

LED/光度:青色/23.5lm

ブザー音量:90db

電源:DC3V(アルカリ単三電池×2本)

実績(販売・施工・導入)

平成29年度(上半期):1,322本

※平成29年度販売開始