補修する

新旧コンクリート打継プライマー(エポキシ樹脂接着剤)

AT448(Alphatec 448)

中日本高速技術マーケティング(株)

エアスプレーによる吹付け施工を可能にすることで、大幅な工期短縮を実現

AT448は、新旧コンクリート打継面の一体化を図るためのエポキシ樹脂接着剤です。エアスプレーによる吹付け施工が可能なため大幅な工程短縮に寄与します。ジェットコンクリートや超早強コンクリート打設時のプライマーとして利用できます。

用 途

  • 新旧コンクリート、モルタルの打継ぎ面接着。
  • 気中及び湿潤コンクリート構造物の鋼板接着やアンカーボルトの定着。
  • 気中及び湿潤コンクリート構造物のひび割れ・打継ぎ・ジャンカ等の注入補修。
  • コンクリート保護工、防水工の下地処理。
  • セメントモルタルやレジンモルタルのタックコート。
  • 塗床の保護材。

特 長

優れた作業性

エアスプレーによる吹付け施工により作業性が高まります。

優れた経済性

従来の塗布工法に比べ工程短縮が図れ、工費縮減・工程短縮に寄与できます。

高い接着性

新旧コンクリートの打継面に塗布することで、母材破壊する接着性能を有します。

低収縮性

揮発性溶剤を含まないため硬化収縮がほとんどなく、躯体に負荷を与えません。

施工方法

  • エアスプレーによる吹付け施工以外でも、塗布による施工も可能です。
  • AT448FC は、カートリッジ式エアスプレーでの施工が可能なため、持ち運びが容易です。
  • 吹付け施工による標準施工量は、1kg/m² です。
21658.png

使用方法

  • 施工面の汚れ(ホコリ、油分等)を除去してください。
  • 主剤・硬化剤を2:1(容量比)で計量、混合し、空気の巻込みに注意のうえ充分に撹拌してください。
  • 一度に混合する量は可使時間内に使い切れる量とします。
  • 施工は気温5℃以上の環境で行ってください。

実績(販売・施工・導入)

平成26年度:2,880ℓ

平成27年度:5,084ℓ

平成28年度:735ℓ