補修する

床版増厚注入用エポキシ接着剤

AT342(Alphatec 342)

中日本高速技術マーケティング(株)

NETIS登録済 KK-980021-A

注入接着補修に使用。湿潤・水中でも優れた接着性能を発揮

AT342 は、コンクリート床版のクラックへの注入、増厚されたコンクリート床版の浮きや水平クラックへの注入、舗装と防水工の浮き部に注入するエポキシ樹脂接着剤です。

用 途

  • コンクリート床版のクラック補修。
  • コンクリート増厚床版の浮き、クラック補修。
  • コンクリート面と舗装面の接着。

特 長

高い接着性・耐久性

乾燥面はもちろん、湿潤・水中でも優れた接着性能を発揮します。また、水中での硬化でコンクリートの破壊強度を超える接着強度を示します。

低収縮性

揮発性溶剤をほとんど含まないため硬化収縮がほとんどなく、注入・接着した躯体に負荷を与えません。

高い充填性

低粘度で、コンクリートの微細なひび割れにも低圧で浸透・充填が可能です。

短い硬化時間

速硬化なため、短時間での施工に適しています。

施工手順

4267.png

※作業時間の制約により、省略することが可能です。

施工方法

21646.png

舗装面・切削面・橋梁下面など、あらゆる状況下において、施工が可能です。

注入事例

21647.png

使用方法

  • 施工面の粉塵、油分などを除去してください。
  • 主剤・硬化剤を2:1(重量比)で計量し、空気の巻き込みに注意のうえ充分に撹拌してください。
  • 一度に混合する量は可使時間内に使い切れる量としてください。
  • 施工は5℃以上の環境で行ってください。

実績(販売・施工・導入)

平成26年度:13,054ℓ

平成27年度:15,606ℓ

平成28年度:6,287ℓ