点検・診断する

コンパクト型多波電界強度測定装置

中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋(株)

高速走行での多波電界強度測定が可能

安全、正確、効率的なトンネル内ラジオ再放送用電界強度測定装置です。

特 長

コンパクト型多波電界強度測定装置は、安全・正確・効率的なトンネル内ラジオ再放送用電界強度測定装置です。測定車に省スペースに設置でき、走行しながら一度で最大20放送波の電界強度値を高い精度で測定します。

メリット

①効率化───測定時間が従来の1/20に短縮(当社比)。

測定車の車速に関係なく、一度に20波までの異なる放送波の電界強度をトンネル名や測定位置データとともに一括で測定できることから、従来の測定時間を最大1/20に短縮することができます。

②信頼性───測定速度に捉われず、正確な測定地点での測定が可能。

車速に関係なく正確な測定間隔でデータを記録・保存できます。また、測定機器の設定はソフトウェアが自動的に行うため、どなたでも簡単に操作できます。

③安全性───法定速度での測定作業が可能。

測定のために車速を落とす必要がないため、交通の波に乗って安全に測定作業をすることができます。

測定方法

5990.png
6762.png

実績(販売・施工・導入)

平成27年度:1台

平成28年度:2台

平成29年度(上半期):2台